メシも喰ったし写真でも・・・東京の街々や旅先のスナップ写真。

ライカM8で捉えた東京の街々や旅先のスナップ写真と
フォトスポット紹介を中心にノンビリやっております。

楽しげなコメントをお待ちしております。
リンクなどもご自由にどうぞ。
ブログトップ

休日の外苑前と表参道。ハイソな閑静さと、渋滞で賑わう繁華街の対比。

c0191707_14343850.jpg


c0191707_14345485.jpg


GW中の同じ日に外苑前と表参道で撮った写真です。
1枚目の写真は外苑前の並木道。
とてもGWとは思えない閑静な雰囲気の中で、ノンビリと休日を過ごすって感じです。
2枚目は、その1時間ちょっと後に表参道で撮ったもの。
原宿方面に向かう左車線はビッチリ渋滞中。
逆に青山方面に向かう右車線はガラーンとしています。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ



写真の道は、修羅の道なんですよ

c0191707_1444560.jpg


5月4日のエントリーの別カットです。
あの写真だとほどよい程度の人出に見えますが、実際はこんな感じが延々と続いています。
5月4日の写真は、人が少なくなるのを待ったのと、歩道の左側を中心に狙うことで人の向きをだいたい一方向に揃えて画面を整理してます。同じ場所から撮っていてもずいぶん印象が変わりますよね。

で、昨日の続きです・・・。
20台の後半の頃、サンフランシスコでひとりヒマこいてた私は、「サンフランをスナップ♪」みたいにホテルを出たわけですが、初めての土地だし、地図なんか持って行ってるはずないし、持ってたところで読めないしで、2時間後にはバッチリ迷子に。
子供の頃からしょっちゅう迷子になっていたので、さほどパニックにはならなかったんですが、いちばん困ったのは泊まってるホテルの名前すら分からないこと。
鍵をフロントに預けてきているうえに、もともとなんて読むか分からなかったから名前を覚えてないしで、もうどうしたものやらって感じでした。
しかもあちこちウロウロしちゃったもんだから、いろんなところに見覚えがあって、どこが来るときに見た風景なのかも分からない。
いいかげん日も暮れてきちゃったので、たまたま見つけた公園のベンチでタバコを吸いながら休憩していました。

しばらくして、向こうからこざっぱりとしたオシャレな身なりの、だけど妙にSG系な黒人の男性が、明るい声で「どうしたの?」という意味だと思われる英語で話しかけながら近づいてきてくれました。
これは助かるかも、と思いつつ「ホテルに帰りたいんだけど、名前すら分からなくて困ってるんだよね」という意味に伝わったらよいな〜くらいの英語混じり日本語で答えたりしていたんですが、彼も私の隣に座って親身に聞いてくれていました。
で、いろいろ慰めてくれてるのかもな〜と思われることを言って親切にしてくれていたんですが、途中から、どうもなにかが違うと感じ始めました。
彼の私に対する態度は、困っている人に親切にしているという態度ではない。
というか、男同士の態度じゃない。
なんというか・・・レディファーストな感じ?
ともかく男同士としてはありえないレベルの優しさ&ソフトさ。
あっ、やべぇかも、と思った瞬間、そっと手を重ねながら彼が言ったセリフが「you cute!」。
もう、頭の中グルングルンですよ。
高校、大学と通学の満員電車でなんか触られたり、上野の映画館でリーマン風のオジサンにヒザ撫でられたり、晩ご飯おごってあげようか?って誘われたり、それまでにもいろいろあったんですが、地球の裏側の真っ暗な公園で、スーパーガッチリ系に「キュートだね」とか言われるとは思いませんでしたよ。

誤解のないよう、念のため書いておきますけど、私は100%ノン気です。
差別する気は毛頭ありませんし、友人にそっちが何人かいますが、私自身は無理。

で、当時の私は身長180cmで、体重は確か66kgくらい。
相手は190オーバーで、体重もたぶん90kgオーバーな感じ。
肩の筋肉が惚れ惚れするほど盛り上がってました。
どうひいき目に見てもこっちに勝ち目はないわけで、思い出せる限りの「NO」という意味になるであろう単語を並べつつ、怒らせないように、でも断固NOだと伝わるようにもう必死。
最初は彼の方も、なだめすかすようにしていたのですが、そのうち理解してくれたのか、すごくさわやかな笑顔で「OK。すまなかったね」みたいな感じで去っていきました。
恐かった、マジで。
その後、どこをどう辿ったのかは覚えていないんですが、緊急事態で帰巣本能が発動したのか、わりとすんなりホテルに帰還。
カメラの掃除もそっちのけで、もうグッタリですよ。
写真の道は、修羅の道。
みなさんもスナップ撮影時は、くれぐれも注意してくださいね。
てか、あの公園、東京でいう新宿二丁目とか夢の島公園だったのかな〜。

いまのところ、私の人生で経験した最大の危機がこれです。
2番目は、首都高の銀座近辺できれいにスピンしたこと。
車が回っている間、楽しそうに野球をしている少年時代の自分が見えたりしましたが、まあ、サンフランでの経験に比べりゃ、カワイイもんですよ。
[PR]
by maharaja-king | 2009-05-13 16:25 | 渋谷・原宿・表参道