メシも喰ったし写真でも・・・東京の街々や旅先のスナップ写真。

ライカM8で捉えた東京の街々や旅先のスナップ写真と
フォトスポット紹介を中心にノンビリやっております。

楽しげなコメントをお待ちしております。
リンクなどもご自由にどうぞ。
ブログトップ

横浜赤レンガ倉庫。女性二人と犬二匹でお散歩中。

c0191707_15491787.jpg


この間の土曜日に、横浜は赤レンガ倉庫に遊びに行ったときの一枚です。
赤レンガの中央広場付近は、開港150周年イベントの人だかりで埋まっていたため、隅っこの方で写真を撮ってきました。
この自転車は、ここら辺の職員の方が乗り回している単なるママチャリなんですが、なぜか赤レンガの前にあるとかっこよく見えてしまいました。
赤レンガパワー恐るべし。
で、その赤レンガの質感をいかしたかったので、表写真としては久々に堅めな仕上げに。

狙っていたのは、歩いている人もキッチリ止めてシャープにしつつ、被写界深度を深くとって赤レンガにも人にもカッチリピントを合わせた写真。
そのためにはシャッタースピード速めで、かつ絞り気味にしないとならなかったんですが、そんなに明るい場所じゃなかったので、シャッタースピードは1/180秒、絞りは1段半くらいアンダー目になるくらい絞らないと被写界深度が足りない感じ。
ISO感度をあげて明るめに、ってことも考えたんですが、堅めに仕上げると最初に決めていたこともあり、ノイズが不安だったのでやめました(堅めに仕上げるとノイズ浮きやすいので)。

で、まず壁でピントを合わせ、壁が被写界深度の外に出ない程度まで手前にピントを戻して、誰か通りかかるのを待ちかまえること2〜3分。
思ってたよりはるかに壁の近くをこの女性二人が通りかかってくれちゃいました。
こんな壁際を歩いてくれると分かってたら、ここまで無理して絞らなかったのに、とか思いつつも、ありがたく(気づかれないように)シャッターを切らせていただきましたよ。

当然、やや暗めに撮れちゃうので、レタッチで明るい方向に補正しています。
明るさは(限界はあるにせよ)あとでなんとでもできるけど、シャープさや被写界深度は後工程で修正不能なんで、そっち優先の撮り方ですね。
博物館とか、水族館みたいな暗い場所で撮るときによく使う手です。
パパラッチの方もよく使ってます。
フィルムだと、現像時に増感指定するんですが、デジタルだと自分でできちゃうから気楽です(^^

この赤レンガ倉庫は、公園の緑もあり、海もあり、大型客船がいるときもあり、と絶好のフォトスポットのひとつとして有名です。
今回は公園とか船は撮れなかったんですが、わりとちょくちょく撮りに行く場所のひとつです。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ



なぜか鳩がちょっと人気もの。

c0191707_16481463.jpg
こっちの写真はズミクロン50mm

赤レンガの後で寄ったクイーンズスクウェアのカフェを撮ろうと思ったら、鳩がやってきました。
って、別に珍しいことではないんですが、黒いシャツの女性と、その奥にいる女の子がやけに鳩に気をかけていたのでパシャッと。
恐れを知らない鳩だと、テーブルの上とか頭に乗ってきたりもしますよね。
[PR]
by maharaja-king | 2009-05-25 17:05 | 横浜・鎌倉・湘南