メシも喰ったし写真でも・・・東京の街々や旅先のスナップ写真。

ライカM8で捉えた東京の街々や旅先のスナップ写真と
フォトスポット紹介を中心にノンビリやっております。

楽しげなコメントをお待ちしております。
リンクなどもご自由にどうぞ。
ブログトップ

日比谷公園にて。意外と歴史のある食べ物屋さんと、そこで楽しむ人たち。

c0191707_1729387.jpg


日比谷公園の中にある日比谷茶廊というお店を、ちょっと離れたところからパシャッと。
なんか東南アジアっぽい雰囲気の写真になっちゃってますが、この店自体がアジア系無国籍料理のお店なんで、そのせいかも。
戦後すぐの昭和24年開業だから、けっこう古いお店です(建物は新しいけど)。
ちょっとこの写真からは分かりづらいんですが、オープンカフェ形式メインなので、天気が悪い日はお休みをしています。優雅な商売してますなw
この写真を撮るちょっと前まで、コーラみたいな色した泡っぽい飲み物を飲んで、やたらゴキゲンに出来上がってるイギリス人っぽいオッチャンが何人もいました。
みんな白髪でほどよく太ってて、顔真っ赤。
カーネル・サンダースの忘年会を見るような気分でしたが、何だったんだろう・・・。
イギリス祭りでもやってたのかな?

しかし、こういうゴチャゴチャした雰囲気って、面白いんだけど、まとめるのが難しい・・・。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ



こちらは、明治36年創業だそうで。

c0191707_1731672.jpg


10円チャリティーカレーとかでも有名な、日比谷松本楼です。
明治36年創業だそうですから、日本人がチョンマゲやめてまだ30年くらいの頃にオープンしたお店なんですね。
ここは日中友好の舞台のひとつとしても有名です。
中国革命の父ともいわれる孫文さんが、日本亡命中にここで何度もメシを食ってたらしいです。
そんな縁もあって、この間、胡錦濤さんが来たときも、福田康夫さんとの非公式夕食会をここでやったそうです。
意外と歴史的なお店ですね。
結婚披露宴場としても有名で、福田康夫さんのお父さん(福田赳夫さん)もここで披露宴をあげたらしいです。
ただ、当時の建物は戦後に放火されて燃えちゃったそうで、いまある建物はまるっきりの別物なのがちょっと残念。
[PR]
by maharaja-king | 2009-07-10 18:40 | 銀座・丸の内