メシも喰ったし写真でも・・・東京の街々や旅先のスナップ写真。

ライカM8で捉えた東京の街々や旅先のスナップ写真と
フォトスポット紹介を中心にノンビリやっております。

楽しげなコメントをお待ちしております。
リンクなどもご自由にどうぞ。
ブログトップ

低い雲がたれ込める美瑛の大地。正統派モノクロで撮ってみましたよ。

c0191707_20575470.jpg


低〜い雲がたれ込める美瑛の丘です。
例によって、スポットメーターでチクチクと何カ所か測りながら撮ってみました。
上空に行くほど明るく、雲の表情も乏しかったのでそちらはあきらめて、地上との境目近辺の表情の面白いところメインで露出を決めています。

今日は、「あるうのぱいん」というところでチーズフォンデュランチをいただきました。
くり抜いたパンの中にチーズがたっぷり入っていてフォンデュってるというヤツで、茹でたジャガイモ、ブロッコリ、にんじんとかをつけつけ食べます。
残念ながら私はブロッコリとにんじんが食べられないのですが、長〜いソーセージもついていたので注文してみました。
たまらなく美味しかったです。
で、いまなんですが、晩ご飯に食べた美瑛牛がもたれてちょっと苦しい状態です。
美瑛牛、やわらかくてジューシーで美味しすぎ。

明日はいよいよ東京に戻ります。

後ほど、ポチ巡りの旅にお邪魔します。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ



スポットメーターと小型露出計と、愛用のタバコw

c0191707_2125112.jpg


写真を撮るときに愛用している3点セットです。
いちばん左がペンタックスのデジタルスポットメーターというヤツです。
約1度という非常に狭い範囲の光を測ることができるので、風景写真を撮るときにはとても重宝します。
最近のデジイチだと、いちおうスポット測光モードがついているはずなので、こんなもの必要ないんですが、M8はそんなシャレた機能はついてませんからね。
スポット測光自体は、風景みたいなノンビリ撮れるものでもない限り使わないし、ちょっとだけコツがいるんですが、慣れてみるとそれはそれで便利だし、おつな逸品です。
逆光だろうが、光線状態が入り組んでいようが、お構いなしに露出を決められます。
ちなみにデジタルスポットメーターといっても、表示が古くさいLEDのデジタル表示になりましたってだけで、なんか自動で計算してくれるわけじゃありません。
測光した後は、レンズ前方についてる計算尺をクリクリ回しながら自力で露出を計算します。
何年か前までは、同じペンタックスのスポットメーターVという表示が針式のやつを愛用していました。
そっちのほうが表示も計算尺も圧倒的に見やすく使いやすかったんですが、なにせ倍以上でかいし重いので、こっちに買い換えたって代物です。

真ん中は、セコニックのツインメイトという露出計です。
こんな見た目ですが、数年前に発売された新製品です。
入射と反射の両方が使えるし、ちっこいから持ち歩きやすいのでスナップのお供に欠かせない存在です。
反射式として使うときの測光幅が30度くらいあるので、スナップ撮影に便利なんです。
M8も中央重点測光の露出優先オートはついているんですが、ツインメイトで気がつくたびに日向と日影をチマチマ測りながら歩いていた方が、露出も固定できるし輝度差も把握しやすいので、かえって早いときが多く、失敗もすくないです。
オートは、たまに変な光源とか暗がりに露出を引きずられますからね。
いちおう入射式にもなるので、花とかテーブルフォトでも露出で悩むことが減って便利です。
量販店で16,000円くらいだったような・・・。

いちばん右は・・・愛飲のタバコですw
大きさ比較のためにカメオ出演させてみました。
子供のころ好きだったF1チームのロータスがJPSカラーだったからという理由だけで吸ってます。
あまり売ってないので、ラッキーを吸うことのほうが多いんですけどね。
[PR]
by maharaja-king | 2009-08-03 21:50 | 北海道