メシも喰ったし写真でも・・・東京の街々や旅先のスナップ写真。

ライカM8で捉えた東京の街々や旅先のスナップ写真と
フォトスポット紹介を中心にノンビリやっております。

楽しげなコメントをお待ちしております。
リンクなどもご自由にどうぞ。
ブログトップ

カテゴリ:山・湖畔・渓谷( 15 )

箱根を散策しているおりに出会った、味わい深い方々。

c0191707_151479.jpg


c0191707_15143074.jpg


正確には、箱根を散策しているおりに「すれ違った」、味わい深い方々ですね。
1枚目は、箱根に着いた直後に入った茶店で見かけたおじいさんです。
この正面には奥様もいらっしゃるんですが、今回はおじいさんだけ。
私はあまりお店の中で写真を撮らないのですが、このおじいさんのあまりの味わい深さに、つい撮ってしまいました。
といっても、店内でファインダー覗いて、ピント合わせて、とかやるのも大げさだし、意識されちゃうのもイヤだったので、レンズの距離計と被写界深度目盛りを見て過焦点にして撮っています。
35mmレンズは、被写界深度がそこそこ深いのでこういうときに便利ですね(^^
ただ構図は合わせたかったんで、最後にチラッとファインダーを覗く感じ。
すごく物静かで品の良いご夫婦で、ノンビリと箱根を散策してから温泉かなぁ、という雰囲気でした。

2枚目は、「箱根やすらぎの森」という散歩エリアですれ違った、たぶん60がらみのご夫婦です(こっちの写真はSonnar 50mmで撮っています)。
箱根やすらぎの森というのは、芦ノ湖の南端にある小高い山のことで、なだらかとはいえ、けっこうな高低差があります。
ルート上の登り降りは階段になっているんですが、丸太を横たわらせた自然っぽい感じのヤツで、かなり滑ります。しかも段数はかなりのもの。
私は写真を撮るおかげでふだんけっこう歩く方なんですが、道半ばくらいではやくもゼーハー言ってました。
なのに!
このご夫婦はすれ違ったとき、息ひとつ切れてないんですよ。
しかも、奥さんの方はこんなロングスカートだし、足下なんてどう見てもパンプス。
鉄人老夫婦?
上には上がいるというか、私などまだまだ甘いもんだと実感させられましたよ。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。草花を愛でるお二人。
[PR]
by maharaja-king | 2009-07-02 15:52 | 山・湖畔・渓谷

淡い紫色の世界。芦ノ湖の釣り人たちを、水墨画のように捉えてみましたよ。

c0191707_15151293.jpg


芦ノ湖というのは釣り場としても有名だそうで、当日も釣りっぽい人たちがそこいら中をウロウロしていました。
というわけで、湖畔にある箱根町港という場所から釣り人を撮ってみました。
太陽の角度なのか、雲からの日の差し方の加減なのか、湖畔の何カ所かに光の帯ができていて、このボートがちょうどその上に乗ったところでパシャリと。
湖の良いところは、ちょっと霧が出るとすぐに幻想的な雰囲気になってくれるところ。
このときも、遠くが霧でかすんで良い感じ(^^
望遠で撮ってるから、なおさらかすんでます。

この日は、みなさんけっこう釣れていたみたいで、クーラーボックスみたいな箱に魚をいっぱい入れてうれしそうでした。
ちなみに私は、魚にはほぼ関心がないというか、刺身と寿司をごくまれにほんのちょっと食べるくらい。
年間トータルで1匹分か、せいぜい2匹分くらいしか食べてないんじゃないかと。
嫌いなわけじゃないけど、好きなわけでもないというか、突然この世から魚がなくなっても気がつかないでしょう。
「魚を釣ったり食べたりしたら死刑ね」って法律ができても、楽勝で天寿を全うする自信があります。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。こっちは手こぎボートです。
[PR]
by maharaja-king | 2009-07-01 16:03 | 山・湖畔・渓谷

芦ノ湖の湖畔。強烈な日差しの下、サイクリングを楽しむ若者。

c0191707_1952786.jpg


今日は、「何とかしかひかない」という夏風邪っぽくて、やや伏せり気味。
微妙に熱っぽい感じです。
私の人生、熱があっても頭痛にはほとんど縁がないんですが、すぐに頭がクラクラし始めるのが問題。
人間、弱いところからやられるってのは、ほんとうですねw

写真は芦ノ湖の湖畔で、サイクリングを楽しむ若者です。
超逆光というか、思いっきり太陽を入れて撮ってみました。
これくらいテカテカに太陽が輝いていて、ちょっと目がシバシバするくらいのまぶしさというか、立っているだけでも汗が出るくらいの一日でした。

このとき使った、Ultra Wide-Heliar 12mmというレンズは、超広角なのはもちろんなんですが、すさまじいばかりの周辺光量落ちがあるため、何を撮ってもやたらとドラマチックw
曇りの日に空なんて撮ろうものなら、世界の終わりが撮れちゃった、くらいの絵になります。
今日の写真も、それほどではないにしろ雲の様子が尋常じゃない感じ。
実際は、ふつうの雲だったんですよ。
私はこういうクセの強いレンズがじつは好きじゃなくって(自分の写真じゃなく、このレンズの写真になっちゃう)、このレンズもずいぶん長い間お蔵入りさせていました。
でも、せっかく持ってるんだし、今後は何か使い方を考えて使っていこうかなぁと思ってます。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。ボートハウス別アングル。
[PR]
by maharaja-king | 2009-06-29 21:06 | 山・湖畔・渓谷

箱根の林道。涼しい道を女性ふたりが散策中。

c0191707_16104283.jpg


恩賜箱根公園の近くにあった林道でのヒトコマです。
ふだん東京に住んでいると気がつきにくいんですが、林道は涼しくって良いですね。
公園の駐車場(コンクリート)から林道に入っただけで、ひんやりと涼しくってビックリしました。

写真はそんな林道を散策中の女性二人組みです。
ソフトクリームを食べ食べ、楽しそうにおしゃべりしながら歩いていましたよ。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。女三人集まれば・・・
[PR]
by maharaja-king | 2009-06-28 16:20 | 山・湖畔・渓谷

芦ノ湖の湖畔にて。表情ゆたかな雲と太陽を入れて、ちょいモノクロ風味で。

c0191707_2039287.jpg


今日は箱根に行ってきました。
東京から100kmちょいなので、車だと高速に乗って2時間かかるかどうかなはずなんですが、なんか渋滞がすっごいことに。
止まっちゃあ、チョロチョロと動き、また止まる、をひたすら繰り返し、箱根の近くまで来たところでピクリとも動かなくなっちゃいましたよ。
けっきょく着いたのは5時間半(^^;
ふつうに考えたら、楽勝で名古屋(360kmくらい)に着いてますよ。
「箱根の山は天下の険」と言いますが、まさかここまで恐ろしいところだったとは・・・。
もう、右足のアチコチがすっげー痛いし。
とりあえず駐車場の近くの茶店に転がり込んで、滅多に食わない甘いものをガツガツ食っちゃいましたw

写真は、芦ノ湖の湖畔にあるボート乗り場で撮ったものです。
久しぶりに、ちょいモノクロで。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。ボート乗り場の桟橋です。
[PR]
by maharaja-king | 2009-06-27 21:00 | 山・湖畔・渓谷

高尾山を散策中。若い女性ふたりが湧き水をいただきつつ休憩中。

c0191707_15373078.jpg
クリックすると、大きめの写真を表示しますよ。

高尾山で、余計なこと(4月30日のエントリー)をしたばっかりに、遠回りをする羽目になったというか、高尾山そのものに登れなくなっちゃった時のヒトコマです。
疲れ果てつつもやっと山道を抜け、バス停までたどり着いたところで、散策中の女性二人組を発見。
美味しそうに湧き水(?)をいただきながら休憩しているところをパシャッと。
この後、バスに乗ったわけですが、行き先がちょっと違ったみたいで、高尾山に戻るためにさらに歩くことになろうとは、このとき誰も夢想だにしなかったのでした。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。蛇滝から流れてきた水です。
[PR]
by maharaja-king | 2009-05-10 16:09 | 山・湖畔・渓谷

高尾山のケーブルカー。トンネルの中から見る外の景色は、ほんとうにまぶしかったです。

c0191707_17101752.jpg


高尾山でケーブルカーに乗ったとき、トンネルの中で撮った一枚です。
4月30日にエントリーした写真の数十秒後くらいですね。
外に露出を合わせているのでトンネルの中が真っ暗ですが、実際はここまで暗くはありません。
もちろん、いまの私の心理状態を表現しているわけでもありませんw

このケーブルカーはすっごい急勾配(傾斜角は日本一だか世界一)を登っていくため、電車の中もものすごく傾きます。
小さな男の子がおもしろがって立ち上がろうとして親に止められていましたが、そこは大人の特権といいましょうか、私は運転席のそばまで歩いていって写真を撮ったり外を見たりしていました。
はやく大人になれ、という私からのメッセージですね。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。ちょっと遠くから見たケーブルカーです。
[PR]
by maharaja-king | 2009-05-06 16:41 | 山・湖畔・渓谷

ミシュラン推奨のハイキングスポット高尾山を隅々まで楽しんできましたよ。

c0191707_1953644.jpg


ミシュランというタイヤメーカーが「ここいいよ」と言っていた高尾山に行ってみましたよ。
じつは生まれて初めて(虫が嫌いなので山には近づかない派なんですよ)。
ここはきれいな吊り橋とか、滝があるそうなので、そのふたつ狙いで出発。
特に「蛇滝」というのは、どのサイトを見ても写真が載っていないのでむしろ狙い目かな、と。
で、ですねリフトに乗って登山口(かな?)まで登り、そこからテチテチと数十秒歩いたところで「蛇滝」という立て札を発見!
メインのルートからはどう見ても外れるんですが、この間の滝写真で味を占めた私は、すっかりその気で蛇滝方面へ。
ところがですねぇ、歩くほどにどう見てもこれは観光客向けじゃねぇだろ、みたいな峻険で未整備な道になっていくわけですよ。
もう、坂は急だわ、怖いわ、足は痛いわ、不安だわで、「世の中なんにも良いことなんてないや」とか思い始めたころに、なんか微妙な祠というか集会所みたいな建物を発見。
ついでに、かなりおざなりな「蛇滝」という立て札も発見。
やっと着いた〜と思っていってみたら、柵で遮られていて滝のそばに行けません。
てか、滝が見えません。
よく見たら柵に「入滝中。信徒の方以外お断り」とか書いてあるじゃあ〜りませんか。
なんでも修験者関係の方が滝行という修行をなさるための滝なんだそうです。
どうりで、どのブログにも写真が載っていないわけですよ。
来た道を引き返すなんて、どう考えてももう無理(ToT
「ナウ入信しますんで、写真撮らせて」とか言いたい気分でしたよ。
やむを得ず、そのままさらに先に進み、大通りに出てバスに乗ったり歩いたりして振り出しの高尾山口に逆戻り。
で、リフトはもう飽きたので、今度はケーブルカーに乗って再び登山口へ。
そこでもう体というより心が疲れ果てちゃったので、そのまま下りのリフトに乗って、高尾山口で天ぷらそば喰って帰ってきました。
春野菜の天ぷらそば、美味しかったです。

くやしさのあまり、こんなタイトルつけてしまいましたが、正確には、今日は高尾山のリフトとケーブルカーに乗りに行ってきましたよ、ですねw

で、この写真はケーブルカーの中でちょっとやさぐれ気分で撮った一枚。
なんか最初に撮ったのが地味だったんで、フレア入れて撮り直してみましたよ。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。別バージョンですね。
[PR]
by maharaja-king | 2009-04-30 19:52 | 山・湖畔・渓谷

新緑に覆われた渓流。カップルが仲良くふたりで撮影中。

c0191707_18214265.jpg


粟又の滝で、最初に撮った写真です。
4月26日のエントリーの場所を上から見たところですね。
カップルが二人でシンクロして写真を撮っている姿が面白かったのでパシャッと。
こういう感じで、写真の中に小さなドラマというか物語を封じ込めるのがどうも好きなようで、こんなのばっかり探していたりします。

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。スローシャッターで遊んでたら、なんか変な感じになっちゃったよ、の巻。
[PR]
by maharaja-king | 2009-04-29 18:35 | 山・湖畔・渓谷

黒い岩を背景に、青い水と白い飛沫が美しい滝。ひさびさに真面目に撮ってみましたよ。

c0191707_15355399.jpg
クリックすると、大きめの写真を表示しますよ。

三脚を立て、単体スポットメーター(ペンタックスのデジスポ)を使って測光し、計算尺使って露出を決めて・・・とものすごく久しぶりにフルマニュアルで真面目に滝を撮ってみましたよ。
滝の流れの上の方(いちばん明るいところ)をメインで測光し、葉っぱの部分と岩肌の影の部分など何カ所かもサブで測光。
水の明るい部分をハイライト際近辺になるように露出設定しても岩の影がちょっと潰れるくらいですむので、その設定でパシャッと。
たしかシャッタースピードは2秒か1.5秒でした(忘れちゃったw)。
ロングシャッターなんで、上側の葉っぱが風で揺れて思いきっりブレているのがご愛敬。

こういう写真って、あんまり工夫がなくって面白味に欠けるんですが、なんか久しぶりに真面目に写真を撮ってるなぁ、みたいな気分になって楽しかったです。
何分ここで粘ってたか覚えてないんですが、ファインダーを覗いたのは、最初に構図とピントを合わせるための数十秒だけ。
あとの数分はスポットメーターと計算尺を相手にず〜っと格闘していました。

で、せっかくスポットメーターを持っていったのに、使ったのはこの1回だけ(^^;
ひたすら荷物になるだけの存在でしたよ。
気分的には内蔵TTLの中央重点でも良かったんじゃないの?みたいな感じ。
スポットメーターって何?という方は、こちら
やっぱ、気楽なスナップの方が性に合ってるかも(^^;
でも、GW中に華厳の滝とか撮りに行っちゃいそうw

ブログ村というものに登録してみましたよ。
写真がお気に召しましたら、下のアイコンをポチッとお願いしますです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

クリックすると写真をもう一枚。レッツ!バスロマン!って感じのきれいな河面。
[PR]
by maharaja-king | 2009-04-28 16:18 | 山・湖畔・渓谷