メシも喰ったし写真でも・・・東京の街々や旅先のスナップ写真。

ライカM8で捉えた東京の街々や旅先のスナップ写真と
フォトスポット紹介を中心にノンビリやっております。

楽しげなコメントをお待ちしております。
リンクなどもご自由にどうぞ。
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

現像ソフトはCaptureOneかLightroomか。無料ソフトも捨てがたいけど。

c0191707_1445033.jpg

c0191707_14451572.jpg


現像ソフト、私はメインでCaptureOneとLightroomを使っているんですが、みなさん何を使ってらっしゃいますか?

私の場合、もともとはLightroomを使っていました。
Lightroomは、メニューやインターフェイスを極力隠し、写真を可能な限り大きく見られる、という点が気に入って使い続けているのですが、ライカM8を買ったのを機に、おまけでついてきたCaptureOneにも手を伸ばしてみた、という感じです。
どちらのソフトウェアにも言えることは、トーンの連続性を保つ努力がすばらしいということ。かなり極端な補正をかけても、なかなかトーンジャンプをおこしません(12bitのRAWデータを使っているおかげ、という点も大きいのですが)この点に関しては、CaptureOneの方が粘ってくれるような感触があります。

Lightroomは、補正中に色が転ぶことがあります。
オレンジ系の色がピンク系に転んだことが何度かありますので、夕日の写真とかは要注意かも。
ただし、この転びは補正内容を上手にコントロールすれば矯正できますので、致命的な欠点ではないでしょう。
作業用のプレビュー画像が、いまいち不正確な点が私的なLightroomの最大の欠点です。
あれこれ作業してJPEGに書き出してみると、プレビューしていた画像と色味や濃度がけっこう違うってことがあります。
この辺はCaptureOneの方が正確ですね。

シャープネスに関して、2月14日のエントリーでも書きましたが、CaptureOneはちょっとクセがあります。正確には、デフォルトの状態でかなり強烈目なシャープネスがかかるということですが。
これは、もともとCaptureOneが、開発元であるPhaseone社の中判カメラ用デジタルパックの付属ソフトウェアだったことが影響しているのでは、と勝手に想像しています。
この手のデジタルパックを使うプロカメラマンの仕事というのは、だいたいの場合、広告だったり雑誌だったりジャケットだったりと、印刷用の撮影です。
印刷機というのはPCの画面に比べるとかなりシャープネスが甘く、何もしていないデータだとぼんやりした印象になってしまうんです。なので、画面で見るとちょっと気持ち悪いくらい強烈にシャープネスをかけるんですね。
で、CaptureOneで吐き出した画像を見ると、印刷会社にスキャンしてもらった画像とシャープネスのかかり方がちょっと似ています。
とくに、白い花と淡い色の背景といった微妙な色同士だと、花びらのエッジにはっきりとラインが浮き上がるときがあります。印刷だと、これくらいがちょうど良いんですが、ブログなどの画面で見ると、なんか合成したみたいに不自然に見えてしまうので要注意です。
これは、単純にシャープネスのかかり具合を弱く設定してあげればよいだけなんですが、最初はちょっとビビリました。
ちなみにシャープネスは、全体にまんべんなくかけるよりも、金属とか髪の毛とか、人の顔なら目元だけとか、もともとシャープであるべき場所を中心にかけるのがオススメです。「閾値」の値を調整することで、このコントロールができます。閾値の値を小さくするとまんべんなく、大きくすると人肌や空など、トーンが滑らかに変化する部分にはシャープネスがかからなくなっていく、といった感じ。

ただ、無料の画像ソフトGIMPも、意外と侮りがたいな、と思っています。
Windowsでメジャーなようですが、たしかに良くできてます。
CaptureOneやLightroomに比べて試行錯誤のしやすさはかなり劣るんですが、機能的にはほぼ十分。
試行錯誤時の手間を惜しまないのであれば、無理に現像ソフトを買う必要はないんじゃないかと、正直思ってます。
無料だから、好きなだけ試用できますしね。

ちなみに写真は江ノ島のヨットハーバー(かな?)です。
さすがというか、駐車場のようにヨットが止めてありますw
当然、道路をヨットが横断することもしばしば。

写真をもう2枚。これって管制塔?
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-11 15:40 | 横浜・鎌倉・湘南

「写真は仕上げるまでが撮影です」とか、素人だって言ってみたいw

c0191707_1482541.jpg

c0191707_148404.jpg


たまには私も、写真に関する素人のたわごとなぞ語ってみようかと(^^;

写真を撮る、という作業はご存じのように「シャッターを切るまで」と「仕上げる」というふたつの工程で成り立っています(その間に「選ぶ」って工程もありますが)。

シャッターを切ったら撮影は終了、と考えてしまうと、仕上げの工程は、撮りおわった写真に余計な手を加えている、と違和感を感じたり、失敗した写真を後加工でごまかしている、と罪悪感を感じてしまうかもしれません。

でも、このふたつの工程は「写真を撮る」という作業の中で役割を分担しているものなのであって、どちらかの工程だけで写真が成り立つというものではないわけです。

シャッターを切るまでの工程は、被写体選びや構図決め、ピントのあり方、画面のシャープさ、基本的な露出のあり方、あたりが担当でしょうか。
仕上げの工程は、色味や質感、それに最終的な露出のあり方などが担当。まさに仕上げです。
シャッターを切るまでにきちんとやるべきことをやっておかないと仕上げの工程で何をやってもダメですし、仕上げの工程で手を抜いてしまうと、せっかくの写真がイマイチで終わってしまったり。

私もまだぜんぜん上手にできていないんですが、撮る前にきちん最終的な仕上がりをイメージしていないと、このふたつの工程が良い具合に繋がらず、シャッターを切るまでに何をして良いのか分からなくなったり、仕上げも行き当たりばったりで、なんかチグハグになりがちです。

今週アップしている江ノ島の写真は、この仕上げに持っていくために露出をちょっとオーバー気味に撮っています。
適正近辺で撮っても同じような仕上がりに持って行けるんですが、過去いろいろ試してみた結果、オーバー気味に撮っておいた方が上がりが良いな、というのが私なりの結論です(試していたのはフィルムで撮ってた頃の話しなのですが、デジタルでも同じ結果でちょっと楽しかったです)。
逆に、先月の丸の内の写真などは、かなりアンダー目に撮っています。

レンズによってもずいぶんとイメージが変わりますよね。
7日と8日の写真は古いライカのレンズ(60年代製)で撮ったもので、ピント面が柔らかく、やや黄色に寄るので仕上がりもそんな感じ(とくに7日の写真)。
昨日と今日の写真はツァイスの新しいレンズですので、シャープ目で青に寄っています。
どちらも仕上げの作業内容はほぼ一緒です。

と、偉そうなことを書いてみましたが、もちろん私がこれらのことをきちんとできているってわけではなくって、そんなことを目指してますよ〜ってな話しです。
プロの方なら、当たり前にやれていることですしね。

よく校長先生は「お家に帰るまでが遠足です」と言っていましたが、「写真は仕上げるまでが撮影です」という感じでしょうか(笑

写真をもう2枚。浮き橋がプカプカと。
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-10 14:25 | 横浜・鎌倉・湘南

くつろぎすぎてトンビに襲撃されそうなほどのノンビリムード。

c0191707_15285521.jpg


江ノ島のいちばん奥の方にも駐車場がありますが、その駐車場の海側が回廊みたいになっていて、みんなベンチで思い思いにくつろいでいました。
寝そべって本を読む人、トンビに餌をあげてる人(襲撃されてるっぽい雰囲気もあった)、回廊をさらに越えて釣りをしている人、などなど。
このあたりは、そんなくつろぎモードを撮るのにちょうど良い場所ですね。
ちなみに本土(?)とつながる橋側は、ラブラブカップルモードと、ほのぼの親子モードを撮るのに最適です。

この日、江ノ島に着いたのは1時半過ぎだったのでかなりオナカが空いていたんですが、久しぶりの晴れ空がうれしくてというか、いつ曇るか分からない気がして不安だったというか、「メシなぞあとだ。まず撮ろう」みたいなモードでした。
ブログのタイトルと逆ですね。

しかし、数カット撮って気持ちが落ち着いたら急に腹が減ってきて、「やっぱメシだ」とモードチェンジ。
シラスを1万匹喰うぞ〜、ぐらいな気分でお店に向かったのでした。
気分はクジラって感じでした。

別の写真をもう2枚。きれいな青空を背景にトンビが飛んでいました。
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-09 14:10 | 横浜・鎌倉・湘南

江ノ島の名物は「しらす」。しらす丼は若い女性やカップルに大人気でした。

c0191707_14413049.jpg


江ノ島の名物のひとつに「しらす」があります。
ちびっこい魚ですね。
「しらす丼」や「しらすのかき揚げ丼」など、地味なようで意外と人気のあるメニューで、若いカップルが好んで注文していました。

とくに、しらすのかき揚げ丼は男子でも食べ応え十分というか、10〜20代じゃないとちょっと食べきれない量があります。
カップルで頼むとちょうど良いくらいかも。
ちなみにうちは、二人でも食べ切れませんでした。
すごく美味しいんですけどね。

別の写真をもう一枚
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-08 14:51 | 横浜・鎌倉・湘南

江ノ島。気持ちよいほど、やわらかく晴れた一日でした。

c0191707_2075071.jpg


今日は、気持ちよいほどによく晴れましたね。
昨日の雨がウソのようでした。
せっくなので、写真の仕上げもやわらか目に。

ひさしぶりの、そしてあまりに良い天気だったので江ノ島に行ってきました。
けっこう人出も多くて、浜辺では小さい子連れがすごく多かったです。
やっぱり子供は砂とか好きですよね。
この写真の男の子も、あちこちに絵を描いてはお母さんに見て見てと騒いでいました。
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-07 20:17 | 横浜・鎌倉・湘南

晴れた日の元町。カモメが本当に気持ちよさそう。

c0191707_11163767.jpg


このところ、平日は曇ったり雨が降ったりだけど、土日のどっちかはすこしだけ晴れ間が出る、みたいな感じが続いていますね。
遊びに行ったり、写真を撮りに行くにはありがたいんですけど、毎日の通勤はかなりおっくう。
昨日の東京は、かなりの雨量だったため、デフロスター全開でも車のウインドウがクモリがち。
ウインドウのクモリ対策品っていっぱい売っていますが、決定版的なものに出会ったことがないです。
いろいろと情報を集めてみましたが、結論は「洗剤で汚れを落とし、きれいな状態に保つこと」っぽいです。
車内でタバコを吸いまくる私には、とても無理だなぁ。

この写真は、元町に遊びに行った際に撮ったもの。
カモメって、ほんと気持ちよさそうに飛びますよね。
近くで見ると、かなり目つきが悪いけど(笑
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-07 11:25 | 横浜・鎌倉・湘南

元町そして山下公園。人力車も横断歩道を渡るんですね。

c0191707_16224227.jpg


ちょっと遊びで、ふるいセピア調にしてみました。

今日は、時間があったら、リンクさせていただいている「すずちゃんのカメラ!」でも紹介されていたクイーン・メリー2を見に大黒まで行こうと思っていたんですが、この雨で断念。
そもそも、なんで大黒埠頭なの?と思ったら、高さがありすぎて横浜ベイブリッジをくぐれないとか。どんだけでかいんでしょw
全長は345メートル。
六本木ヒルズが高さ240メートル弱ですんで、それよりさらに100メートル長いものが海の上走ってるわけですね。
もう、想像つきません。
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-06 16:54 | 横浜・鎌倉・湘南

涼しげな山下公園。みんな思い思いにまったり中。

c0191707_13112171.jpg
写真をクリックすると拡大します。

日本中に山のようにある「ここでデートしたカップルは別れる」といわれるスポットの筆頭のひとつ、山下公園です。
いろんなカップルが、思い思いにまったりと過ごしていました。

M8の分離シャッター、なんかうれしいです。
通ぶって批判してみようかとも思いましたが、今回は無邪気に喜んでます(笑
時期を見て静音シャッターにアップグレードしちゃおうか、と真剣に悩むほどです。
私は絞って撮ることが多いので、1/8000秒はおろか1/2000だって滅多に使いませんので。

ところで、佐内正史さんと若木信吾さんのトークショーをやるみたいです(くわしくはここ)。
過去の偉大な写真家や大御所も良いですが、私はやはり年の近い現代の写真家が好きです。
二人とも、撮る写真の面白さはもちろんですが、自分で撮った写真を自分で本にして、自分で売るという試みをしています。
自費出版系に持ち込むとかではなく、リアルに自分で出版。
たいしたことないように思えますが、本を作るのはかなり手間とお金が(3桁万円台とか)かかったりしますから、そのチャレンジ精神に乾杯です。

別に関係者じゃないんで、宣伝する気はないんですが(笑)、日曜日だしちょろっと行ってこようかな、と思ってます。
いろいろ刺激も欲しいし。

写真家のイベントって、撮影禁止かな?
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-05 13:28 | 横浜・鎌倉・湘南

氷川丸はカモメの寝床?

c0191707_18285349.jpg


中華街に行った後で、山下公園に行ってきました。
じつは氷川丸を見るのはたぶんはじめてで、想像より大きいんだな〜とちょっとうれしくなりました。
で、錨をつなぐ鎖(かな?)にカモメがいっぱいとまっていたのでパシャッと。
どうせなら飛び立つ瞬間が撮りたいな〜、と10分ちょっとカメラを構えたまま固まっていました。
一度、わりとすぐに飛び立ってくれたんですが、かなり氷川丸寄りの遠い位置だったんでボツに。
で、やっと手前から3羽目が飛び立ってくれたのがこの写真です。
待ったわりにはカモメが小さくてよく見えないのでガッカリですよ(- -#
コンドルとか白頭ワシとかを狙えばよかった。
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-04 18:41 | 横浜・鎌倉・湘南

中華街の路地裏。ちょっと休憩中。

c0191707_12483578.jpg


ちと、話題的に中華街ネタが尽きてきたので、たまには仕事の話しでも少々。

わたしはグラフィックデザインや平面アートと呼ばれる世界で仕事をしています。
この5、6年は、さまざまな団体や美術大学のお声掛けで講演や特別講義をさせていただくことも多く、若い方たちと接する機会が増えています。
とくに美大生などは私の半分くらいの年齢なので、本当に若いというか、瑞々しいというか、ついじゅるり・・・じゃなくて、目の輝きとか希望に満ちた雰囲気に元気を分けていただいたりしています。
で、そういう彼ら/彼女たちにお話しをする際、主催者の方にかならずお願いされるのが「どうやれば成功するか」という話題。
「そんな秘訣があるなら、私が知りたいですよ」とは言えないので、あれこれ考えるのですが、当然ながらコレっていうテクニックみたいなものはない。
ただ、「もっとも大切なことはコミュニケーション能力」という話しだけは毎回させていただいています。
クライアントさんが本当にしたいことは何なのかを一生懸命ヒアリングして、予算の範囲に収めるためのアイデアを提案し、お互いに(予算の範囲で)いちばん幸せになれる方向を探っていく、とかとか、ず〜っと昔からそこら中で言われ続けている、当たり前の話しってヤツです。

どんな仕事でもそうですが、人間がスキルで評価してもらえるのは20代のうちだけ。
30代、ましてや40代にもなると、スキルなどは持っているのが当然。
むしろ、全体を見渡しつつものごとを勘案し、ときにいや〜なトラブルや苦情をゴクッと飲み込みつつ、素知らぬ顔で仕事をブン回す。
そんな能力が問われるようになってきます。

ただ、この業界はコミュニケーション能力の意味をちょっと誤解している方が多いのも事実。
とくに代理店系の方に多い。
すごくマメに連絡をくれるし、食事もおごってくれるし、飲みにも連れて行ってくれる。
ともかく仲良くしよう、人間関係を円滑にしようと努力してくれるんですが、必要なのはそういう「飲みニュケーション」みたいなのじゃないぞ、と言いたくなることもしばしば(ToT
お前がやるべきコミュニケーションというのは、いま手がけている仕事のゴールを設定し、それに向かってきっちり段取り、みんなが迷ったり困ったりしないようにすることだろう、と。
(もちろん、代理店の方でも優秀な方はほんとうに優秀です。そういう方と一緒だと、ほんと楽をさせていただけます)。

こんな話しを大学生や働き始めの方々にしても、彼らにとっては10年近く先の話しですんで、なかなかピンときてもらえないわけですが、10年後というのは10年経てば確実にやってきます。
その時までに「そういえば、そんな話しをむかし聞かされたな〜」なんて思い出してもらえたらうれしいな、と。
でも、意外とこの話題は学生ウケするんですよね。
実は彼らもおぼろげながらに、けっこう分かっているのかな、なんて思ったりもします。

<追記>
ファームウェアアップデートで、分離シャッターがM8でも使えるようになりましたね。
さっそくアップデートしてみましたが、ちょっといい感じ^^;
じつはこの1点だけはM8.2がうらやましくて、やせ我慢していたんですが、これで今夜からぐっすり眠れそうです。
[PR]
by maharaja-king | 2009-03-03 12:56 | 横浜・鎌倉・湘南